ジジョロン

「そろそろ本気だす」といい始めてからが本番だ

いろいろ覚醒してきている / 週一エデンに通うにはどうすればよいか / 仕事は苦痛か

普段の生活って基本会社→自宅みたいなルーチンワークだったわけですけど、エデン福岡いくようになっていからいろいろ意識が変わってきた。

普段会うことのないであろう年代の方と少しずつ交流することにより刺激を受けているんだろう。普段通ることのない街並みを眺めながら行き帰る。バーテンしてみたいな、とか思うようになったし、だとすると姿格好どうしようとか、髪型やら服装とかも見直さなくちゃ、じゃあいったいどうすればよいのだろうか?とか。

バーテンするならお酒作れないといけない、基本大丈夫、とはいっていたけれど最低限の知識は頭にいれておかないと、せっかくだから自宅で作ってみてテストしておこうとか。

バーテンするにしてもテーマはどうするか。トークできるか?ネタをしこんでおく必要があるよな、ということは勉強しないと。

ところで雑餉隈遠いな。せめて西新あたりに欲しいな。誰か作ってくれないかな、作ってくれないなら自分でやるしかないかな。あとケプリカレー届いたらから作って食べてみて、美味しかったらカレー屋もやりたいな、とか。

シェアハウスというか西新あたりに飲んで寝られる場所として持っておきたいとか。

店作るなら西新通って人流れ、家賃の調査をしなきゃ、それっていくらかかるんだろう?

エデン界隈の店舗見てたら、駅近くでクソ安い家賃の店を自分たちで改装してやっているけど、「自分たち」っていうても自分にそんな知り合いいないからなあ、とか。

とかいろいろ考えが爆発して楽しい。やれるところからやっていく。

◆◆◆

週一エデンに通うにはどうすればよいか、通ってしまってから考えればいいか。

  • 博多駅から南福岡駅往復で 460円。
  • チャージ 500円
  • なにか食べもの 500円
  • 酒2杯 1000円
  • 合計:2,460円

1ヶ月4回。4回 × 2,460 = 約10,000円

あれ。思ったほどリーズナブルだな。平日だからこんなもんでいけるか。大丈夫だ、通えるぞ。 イベント内容によってはもっと献金する可能せいあるけど。

エデンのためにもうちょっと副業頑張って稼いでおかないといけない。

◆◆◆

やりたい仕事をやっていれば苦痛じゃないみたい、ってのをエデン北九州の社長店長さんのツイートを眺めていて思った。でも、その心境にたどり着くまでにいろいろあっただろうな、というのも感じる。

人生に波乱があったほうが刺激があって面白いんだろうけれど、耐えられない人が多いだろうし、自分は耐えられても家族が耐えられないケースもあるだろう。

しょぼい起業はかなり魅力的なのは、副業でもなんでもとりあえず小資本で始めていけばええやんけ、という話でそのスピリットでチャンレジどんどんしていく必要があるよなあ、って思ってる。

そういう取り組みを「仕事」と呼ぶのであれば確かに苦痛ではない、ワクワクすることに変わっていくよなあ。

スポンサードリンク