ジジョロン

「そろそろ本気だす」といい始めてからが本番だ

先天性耳瘻孔(じろうこう)/ 実家から持ち帰った食材と格闘 / 将棋史の勉強

7/15(祝)の早朝に救急病院を訪れて診てもらい痛み止めと抗生物質を貰ったけれど翌朝になっても痛みが引かないというので、学校帰宅後に毎年耳垢取りでお世話になっている耳鼻科へ。

今回はいつもの強面の院長ではなくサイズ小さめの副院長(実子)が診てくれたらしい。診断結果は救急病院と同じ、ただ出してくれた痛み止めが錠剤になったのと少し効き目を強くしてくれたのかな、それ飲んだら宿題に向かえるぐらいには痛みが引いたとのこと。

再発を繰り返すようなら手術が必要で、下妹の子供の友人が手術をした、という情報をゲット。割と遭遇する病気?みたいです。子供を持つと知らない世界が広がるので興味深いことですね(でも子供が苦しむ姿を観るのはツライ…)。

◆◆◆

実家の庭(畑)で取れた、ニガウリ10本、シシトウ山盛り、じゃがいも(小)山盛り、ミニトマト(育ちすぎ)山盛り、ニンニク(小さいの多め)、モロヘイヤ大量(葉を取るのが地獄)、ズッキーニ特大1本、それに春に取れたイチゴの冷凍とか冷凍系もたっぷり頂いたので、7/15(祝)帰宅後、7/16(火)に出来ることはやったよ。

7/15 … じゃがいもはよく洗って更かし、油で挙げてポテトフライに。洗い損ねがあってときどき「ごりっ」と砂の味がするので勢いよく食べていた娘の手が止まる。

ズッキーニは5枚ほどスライスして塩コショウしてステーキに。とろとろになって美味いが、娘食べず私だけ。ニガウリ1本使ってりゅうじさん流のレンジでゴーヤチャンプルーを作る。厚揚げがなかったのでパンチにかけるものの苦さがずいぶん薄れて驚く。卵を入れるとまろやかになるんだなあ。

7/16 … 仕事から帰宅後、厚揚げをかってきて再度ゴーヤチャンプルー。レンジで火を通すとニガウリって半分くらいの嵩になるのね、というわけで先日の2倍の量で作りました。いやーこれが美味い、ビールに合う。

それとゴーヤとシーチキンを使ったこれもりゅうじさんのレシピ、レンジで作れる無限ゴーヤだったかな、これも苦さが打ち消されてもりもり食べることができる一品。

最後にシシトウと厚揚げを炒めて焼肉のタレで味付けするまたしてもりゅうじさんレシピ、まあ焼肉のタレを入れば間違いないんだよね、砂糖入っているから糖質…ってなるので心持ち少なめで。

大量に作ったのでシシトウは処分完了。ニガウリはまだ少し残ってしまった。

ミニトマトは毎回3つ、あと果物に福岡ピオーネとすももがあるのでそれも食べる…。

今日(7/17)はズッキーニをやっつけたい。

◆◆◆

将棋大好きで、指すのも将棋界も棋士も歴史も興味があるので、「将棋400年史」を買ってみたんだけど…。

なにより出典元の情報が整理されていないのが痛い。この言説の根拠怪しいな、ホントかな確認したいな、と思ってもすぐ第一次資料に当たる手間があってちょっとなあ…。

読み物としてはよいのかもしれなけれど、これが「正史」とか扱われてしまうと困るのでもう少しちゃんとした「歴史書」がないか調べてみようと思います。

スポンサードリンク